一戸建て賃貸物件の特徴

一戸建てが賃貸物件としてでる場合は、マンション賃貸と異なる特徴が大きくわけて二種類あります。
ひとつめは、古くなった物件です。
これは、一戸建てに住んでいた人が住むのをやめた場合です。
年老いて階段がつらくなった、施設にはいることになった、などです。
今後、長い期間借りることができるので安定感があります。
ふたつめは、転勤などで一時的に賃貸にだしたい場合です。
この場合は、2年間の期間限定での契約になるなど条件がつきがちです。
条件がつけばつくほど、安く借りられるよう交渉の余地があります。
晴れて一戸建て賃貸に住むことになると。
憧れのガーデニングができたり。
下の階の住人にきがねすることなく子供が走り回れたり。
マイホーム気分で生活ができます。